不倫時の慰謝料の金額

浮気不倫8

不倫をしてしまい、それがパートナーに気づかれた場合には、その後の夫婦関係とは別に慰謝料を請求されることがあります。不倫が発覚した場合、それをきっかけに離婚に至ることも多いのですが、必ずすべての夫婦が離婚するわけでもありません。

そのため、不倫が発覚しても夫婦関係をそのまま続ける夫婦もいます。

また、別居という形になる方もいます。このように不倫発覚後の夫婦関係はケースバイケースとなっていますが、このようなケースごとに慰謝料の金額も変わってきます。不倫がわかってもそのまま夫婦関係が継続される場合には安くおさめられるのですが、離婚ということになればそれだけ高額になります。

ひとつの相場としては夫婦関係が継続ということであれば100万円以内でおさまることが多いのですが、別居などに至ったということであれば200万円程度になります。

そして、残念ながら離婚ということになれば300万円前後の慰謝料を請求されてしまうこともあります。このように結果によって金額が変わってくるのです。さらに、それぞれの経済状態によってはさらに高額になることもありますし、浮気相手のほうにも慰謝料請求が行くこともありますので、あわせて覚えておきましょう。