相場の範囲内で納める

慰謝料には相場というものがありますが、あくまでも当事者同士が納得すればその金額でおさまります。そのため、高額になることもあれば相場よりも大幅に安いケースもあります。それぞれが納得していればそれでいいのです。あくまでも当事者同士の話であって、法律などで決められた罰金などとは異なる性質のものなので、相場は一応あるものの、前後することも多々あるのです。

弁護士しかし、この話し合いによってお互いがうまく納得すればいいのですが、場合によっては相手が提示してきた金額では納得できないということもあるはずです。そのように意見がズレてしまい、話し合っても妥協点を見いだせないということも多々あるのです。そのため、仮にもめそうなケースであれば、弁護士などの第三者を間に置いて話し合いをおこなうのが得策と言われています。

弁護士などを間に入れれば相場の中で慰謝料の金額を収めてもらうなど、自分にとって好都合な状況を作ることができるからです。仮にかなり高額な慰謝料請求をされてしまい、どうしてもそのような金額を払うことには納得がいかないということであれば、当事者同士における話し合いは諦めることにして、弁護士などに入ってもらいましょう。

不倫時の慰謝料の金額

不倫をしてしまい、それがパートナーに気づかれた場合には、その後の夫婦関係とは別に慰謝料を請求されることがあります。不倫が発覚した場合、それをきっかけに離婚に至ることも多いのですが、必ずすべての夫婦が離婚するわけでもありません。そのため、不倫が発覚しても夫婦関係をそのまま続ける夫婦もいます。また、別居という形になる方もいます。

金額このように不倫発覚後の夫婦関係はケースバイケースとなっていますが、このようなケースごとに慰謝料の金額も変わってきます。不倫がわかってもそのまま夫婦関係が継続される場合には安くおさめられるのですが、離婚ということになればそれだけ高額になります。ひとつの相場としては夫婦関係が継続ということであれば100万円以内でおさまることが多いのですが、別居などに至ったということであれば200万円程度になります。

そして、残念ながら離婚ということになれば300万円前後の慰謝料を請求されてしまうこともあります。このように結果によって金額が変わってくるのです。さらに、それぞれの経済状態によってはさらに高額になることもありますし、浮気相手のほうにも慰謝料請求が行くこともありますので、あわせて覚えておきましょう。

 

・・・相場の範囲内で納める

慰謝料が発生する不倫

気を付けて生きていても人生の中には慰謝料を請求されるようなケースもあります。たとえば自動車やバイクなどを運転していれば、いくら気を付けていても事故を起こしてしまうこともあります。そうなると、場合によっては慰謝料の支払いを求められることもあります。たとえば相手が事故の影響で仕事ができなくなったような場合、その休業補償のような形での金銭の支払いを求められることがあるわけです。

慰謝料こうしたお金は保険でフォローできるのですが、人生の中にはそれ以外にも慰謝料の支払いを求められることがありますので、人生を生きる以上は覚えておきたいものです。また、そのほかに慰謝料が発生するケースとしては、不倫があります。既婚者が妻や夫ではない相手と深い関係を築いてしまえば、それは不倫関係になるものです。しかし、この不倫をしている間はふたりの間では幸せな時間が流れるものの、その関係を本来のパートナーに知られてしまったら、最悪の状況となります。離婚の話へと進行していくことになるケースもありますし、慰謝料という話も出てきます。

特に慰謝料に関しては大きな金銭を請求されるケースが多いものですから、そのようなケースも覚えておきましょう。しかし、慰謝料や不倫という言葉は知っていても、その具体的な金額などに関しては知らないという人も多いものです。そのため、今後このような支払いを求められる可能性があるのであれば、ぜひ覚えておきましょう。

 

・・・不倫時の慰謝料の金額