相場の範囲内で納める

慰謝料には相場というものがありますが、あくまでも当事者同士が納得すればその金額でおさまります。そのため、高額になることもあれば相場よりも大幅に安いケースもあります。それぞれが納得していればそれでいいのです。あくまでも当事者同士の話であって、法律などで決められた罰金などとは異なる性質のものなので、相場は一応あるものの、前後することも多々あるのです。

弁護士しかし、この話し合いによってお互いがうまく納得すればいいのですが、場合によっては相手が提示してきた金額では納得できないということもあるはずです。そのように意見がズレてしまい、話し合っても妥協点を見いだせないということも多々あるのです。そのため、仮にもめそうなケースであれば、弁護士などの第三者を間に置いて話し合いをおこなうのが得策と言われています。

弁護士などを間に入れれば相場の中で慰謝料の金額を収めてもらうなど、自分にとって好都合な状況を作ることができるからです。仮にかなり高額な慰謝料請求をされてしまい、どうしてもそのような金額を払うことには納得がいかないということであれば、当事者同士における話し合いは諦めることにして、弁護士などに入ってもらいましょう。